2007年04月10日

「TUESDAY」

今日の絵本は「TUESDAY」

コルデコット賞受賞作品であり、私の大好きなDavid Wiesnerの絵本です。

火曜日の夜8時頃には、必ず奇妙な出来事が起こるのです!
大量のかえるたちが住みかの池から空に飛んでいくのです。
文字は少しだけありますが、ほとんど絵だけの絵本です。
「Flotsam」ほどの不思議さはないけれども、こどもにはコレくらいの不思議さの方が絵本の世界に入り込みやすいと思います。





posted by beautifulskyart at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「From Head to Toe」

今日の絵本は「From Head to Toe」

ゴリラの可愛い表紙です。

動物たちが得意な動作を見せてくれます。
「Can you do it?」=君もできるかい?と聞いてきて、
「I can do it!」と人間の子供たちが動物の真似をしていきます。
言葉のテンポに合わせて、サッと読み進めると良いと思います!
テンポが良いところは「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?」に似ていますね。




posted by beautifulskyart at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

「Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale」

今日の絵本は「Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale」

不思議の国のアリスの飛び出す絵本です。
作りが細かいので、子供向けというよりは大人向けだと思います。しかし、娘に見せてみると、意外なことに、かなり喜んでいました。
娘には文章が多過ぎるので、ストーリーを読んであげる用には向きませんが、視覚で楽しませるのには、もってこいですね。
ただ、飛び出す部分の作りが細かいので、こどもが壊して(破いて)しまわないように、注意が必要です。

posted by beautifulskyart at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

「The Three Pigs」

今日の絵本は「The Three Pigs」

「The Three Pigs」=3びきのこぶたですが、イラストが割とリアルです。
この絵本は、"David Wiesnerの3びきのこぶた"であり、
2002年のコルデコット賞を受賞した作品です。

物語の最初は普通の、私たちに馴染みのある3びきのこぶたなので、
安心して読んでみて下さい。
途中から、こぶたたちが紙飛行機に乗って絵本から飛び出します!

David Wiesnerの「Flotsam」もそうですが、大人も楽しめる絵本ですね。

posted by beautifulskyart at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

「May the Best Engine Win (Thomas and Friends)」

今日の絵本は「May the Best Engine Win (Thomas and Friends)」

義理の弟が社員旅行でグアムに行っていました。
そのお土産に、機関車トーマスの絵本をリクエストしていましたが、
期待通りの絵本を買ってきてくれました。

機関車トーマスは日本語版が出ているので、渋谷のBOOK1STでも英語版の絵本を見つけることができなかったのです!

娘のお友達の男の子はみんな機関車トーマスが大好きです。
絵がカラフルでステキですし、お話も面白いので男の子がハマるのでしょうね。
この絵本は、男の子を中心に読んであげたいと思います。

また、トーマスのぬりえも一緒に買ってきてくれたので、絵本と合わせて遊ばせようと思います。





posted by beautifulskyart at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

「Big and Little (Playskool Board Bks.) 」

今日の絵本は「Big and Little (Playskool Board Bks.)」

低年齢向けの絵本です。
動物たちが「BIG」と「LITTLE」、
大きいと小さい、広いと狭い、多いと少ないなどを紹介しています。
絵も単純で分かりやすいですし、簡単な単語しか出てきませんので、
日本語の意味を説明してあげなくても、全体的にはなんとなく理解できると思います。
ただ、こどもでは分かりにくい部分もあります。例えば比較級が出てきますので、比較級の部分は、
「こっちの方が多いね。」など、理解の補助をしてあげました。




posted by beautifulskyart at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

飛び出す絵本「Encyclopedia Prehistorica」シリーズ

今日は飛び出す絵本「Encyclopedia Prehistorica」シリーズをご紹介します。

「Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs: Dinosaurs」
恐竜が出てきます。

「Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters」
サメなどの海の怪物たちが出てきます。

「Encyclopedia Prehistorica: Mega-beasts (Sabuda Encyclopedias)」
マンモス、クマ、トラが出てきます。

私が渋谷のブックファーストに行ったときには、こども絵本売り場に置いてありましたが、
これらの仕掛け絵本は大人向けなのではないでしょうか?
作りが非常に細かく、一度ページを開くと、絵本の3D能力に圧倒されてしまいました。
小学校高学年くらい〜楽しめるのではないでしょうか。




posted by beautifulskyart at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

CD付き絵本のススメ

昨夜、ねんねの前にCD付き絵本を聞きました。

以前、ご紹介しました、せなけいこシリーズ英語版4冊(※参照)と、
「おつきさまこんばんは 英語版―Good Evening Dear Moon」の
計5冊をゲットしたので、早速親子で聞いてみましたが、すごく良かったです♪

※せなけいこシリーズ英語版
「I Don't Want to!」いやだ いやだ(英語版)
「Wah Wah」あーんあん(英語版)
「Balloon Cat」ふうせんねこ(英語版)
「Don't Want to Go to Bed?」ねないこ だれだ(英語版)

CDが付いていれば、読めない単語の発音を確認でき、
ネイティブの発音が聞け、絵本の読み方(強弱など)も参考にできます。
普段は大人が読み聞かせ、パパ&ママが疲れているときは、
CDを活用していくといった使い方をするつもりです♪

娘は5冊とも、日本語版は読み込んでいて、セリフも覚えているので、
英語版にも抵抗無く、すんなり聞けたようでした。

5冊のなかでは「おつきさまこんばんは 英語版―Good Evening Dear Moon」が、
一番読みやすいと思いました。単語もフレーズも簡単ですし、
ストーリーと絵が分かりやすく、表現しやすいからです。

「Wah Wah」あーんあん(英語版)は「Wah Wahって、どう読むの?」と疑問の方がいらっしゃると思います。
英語の擬音語は難しいのですが、CDが付いているので安心です。
以下、参考までにアルクのHPの擬音語・擬態語集です。

■アルク 擬音語・擬態語集
http://home.alc.co.jp/db/owa/s_kaydic?ctg_in=4&char_in=a

「Balloon Cat」ふうせんねこ(英語版)は、少し見慣れない単語が出てきます。

「I Don't Want to!」いやだ いやだ(英語版)は、ルルちゃんがLisa(リサ)になっていました。
私は「えっ、名前変えちゃうの?」と抵抗がありました。
しかし、このシリーズは日本人向けというより、
日本の素晴らしい絵本を世界に広めることがコンセプトのようです。
おそらく、趣旨に沿って、世界のこどもたちに馴染みやすい名前にしたのでしょうね。

「Don't Want to Go to Bed?」ねないこ だれだ(英語版)は、娘が「ママ、おばけ読んで〜!」とせがんできました。
「おばけじゃなくて、ghostだよ!」と教えても、「おばけ、おばけ」と言っているので、
繰り返し、読み聞かせようと考えています。





posted by beautifulskyart at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

「The Three Robbers」

今日の絵本は「The Three Robbers」

日本語では「すてきな三にんぐみ」というタイトルです。
「The Three Robbers」のタイトルをそのまま日本語に訳すと、
「3人のどろぼう」となるところですが、
訳者の今江祥智さんは「すてきな三にんぐみ」と訳しています。

表紙を見ると「黒い帽子と黒マントの3人組の怖いお話かな?」と思いますが、
タイトルは「すてきな三にんぐみ」。表紙の絵とタイトルがチグハグなので、
読む人に「何だろう?」と興味を沸かせるキャッチーなタイトルになっているところが好きです。
さらに、最後には意外な結末が待っているというストーリー展開も、とても好きです。
絵本が本来持つニュアンスを絶妙に捉えた日本語訳の方も、
読んだ後に胸がきゅんとしました。


posted by beautifulskyart at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

無料の絵本

無料という響き、素晴らしいですよね♪
タダで、絵本を読みたい方は、図書館を利用すると良いと思います。
公立の図書館にも、外国語絵本が置いてあります。
お近くの図書館に遊びに行ったときに、外国語絵本コーナーを眺めてみて下さいね!

私は図書館にあるものは図書館で実物を一度吟味してから、気に入ったものを、ネット通販で購入することが多いです。
外国語絵本は大手の本屋さんでも品揃えがあまりよくないので、この方法がベストだと思います。
やっぱり中身を見てから、買うか買わないかは判断したいですよね。

近くの図書館の外国語絵本が充実していない方は、
東京都公立図書館横断検索を利用すると便利です!
同一区内(市内)であれば、お目当ての絵本のタイトルなどをネットで検索して、
予約して、最寄りの図書館に取り寄せることができます。

■東京都公立図書館横断検索
http://metro.tokyo.opac.jp/








posted by beautifulskyart at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。